手を入れて使い続ける

先週、修理・調整に出していた自転車。
とりあえず受け取りに行ったのは土曜日でしたが。
実際に乗ったのは火曜日から。

今回は、前後輪ともシフトワイヤーの交換、前輪のクイックレバー交換、馬蹄カギの取り付けと全体の点検をお願いしていました。

乗り出してから9年近く経っていますが、シフトワイヤーは1度交換したくらいかな?
このところ、後輪のギアのシフトチェンジが4、5速当たりでうまくできていなかったのですが、とてもスムーズになっていました!
ペダル側も、シフトチェンジでよくチェーンが外れそうになっていた症状が起きなくなり、これでひと安心。

カギを取り付けたのは、今まで使っていたワイヤー錠が単にめんどくさくなっただけで(笑)
でも。
後輪をロックするのが一つの動作で出来る、というのは快感でしたね。
もっとも、部品の色は選べなかったので、見た目は悪くなりますた(泣)

広島ブログ

何につけても、きちんと手入れをして使っていけば、寿命はぐっと延びますね。
気に入っているものだからこそ、長く愛用したい。
使い捨て、ではなく、使い込む。

ペダルやサドル、ハンドルグリップ、ライト、タイヤなど。
まだまだ気になる箇所もありますけれど、少しずつバージョンアップしながら乗っていこうと思います。