さよなら ナディア

17年目の車検を受け。
車検を通すためにシートベルトを交換し。
そのあとすぐ、エンジン不調で点火プラグを交換。
その前にはドライブシャフトブーツの交換。
とにかく20年目を目指して(現実的には次の車検を目指して)。
乗って来たナディアですけれども。

11月に半年点検に出した結果。
「パワステポンプからオイル漏れが」
うーむ、3週間前にタイヤを変えて。
穴の開いたマットを1週間前に変えたばかりなんですけれども。

「オイル漏れってどこ?見える?」
「ここからオイルが流れて行くんですが、ポンプはこの先なんですけれど、ちょっと見えないですねえ。」

自分の目で確認、して判断したかったのだが。
ポンプに行き着くまでのパイプにもオイル漏れがあるのを発見。
ここだけなら、ホースやバンドの交換でなんとかなる!
とタカを括っていたけれども。
そんなに簡単に済むものではなく、どうやらそこそこ修理費もかかるとのこと。

半年点検の支払いをしてすぐ。
営業に来てもらい、とりあえず見積もりしてみて、と依頼。
駆け引きはいらないから、いくらになる?
それによっては決めようかなあ(笑)
と。

パワステポンプは直すも、現時点での不具合は。
エアコンの故障(これは自己流で修復済み)。
ドアミラーの故障(これも格納できないだけなので問題なし)。
エンジンの時々不調(点火プラグは変えているけれど、時々挙動がおかしい。リビルトに積み替えて45,000km超え、4年5ヶ月経つし)。 ヘッドライトのひび(まだごく小さいので大丈夫らしいが、いつ車検を通らなくなるほどに広がるか)。
ABSの効き具合(効くのは良いけれど、効き過ぎというか、普通に走って止まる時でも、よく作動してしまう)。
まあ、17年5ヶ月ばかり乗っていますからねえ。
流石に今回ばかりは年貢の納め時かなあと、少しだけ心がユラユラ。

いや、その前に大きなネックがあったのを思い出した。
もともとナディアは。
エンジン不調&雨漏れで買い換えることにし、次の車を契約した後で、下取りではなくそのまま保険代だけ払って壊れるまで乗る、という約束で残っている。 少なくともその時は、そう約束したのを(自分は)しっかり覚えている。
ということは、本来ならば、壊れたら歯医者いや廃車。
のはずが、エンジン交換やらいろいろ修理やらしてきているので。
どう考えても、ナディアの買い替えって有りえない話になる。
ま、ダメもとで提示してもらった内容を家人に伝えてみようか。

などと。
もっともらしく書いてみたけれど。
実のところ、「早く変えろ」という声は何年も前から出ているわけで。
なんの支障もないのだよね。
だからネックは、といえば。
自分自身の決断のみ(笑)

今日で廃車となるナディアだが、買い替えを決めてからも、なんとか残せないかなあと考えることしきり。
ま、非現実的な妄想ですけれども。

ということで。
6,411日、216,305km。
苦楽を共にしたナディアへ。
ありがとう、さようなら。